2007年03月03日

PTA役員選出

っていう時期ですよね。
うちの学校では、今年から 各学年から2名づつPTA役員(執行部)を選出することになりました。去年まであった、指名委員がなくなり、立候補(する人はいないけど)または、推薦された人に、現執行部役員が直接交渉(?)にあたって、半分の人は決まったものの、あと半分が決まらない・・・という状況でした。
 そして迎えた保護者会当日・・・この日は低学年。1年生は事前に打ち合わせたようで、2名が名乗りをあげてくれました。残るは、2・3年の各1名づつ。体育館に大きな輪が二つ。2年の輪と3年の輪。執行部からは、『話し合いで決まらない場合は、抽選にて決めていただきます。』というお便りが出ていました。
もう、抽選になるのは時間の問題でした。ただ、今年から導入されたPTAのポイント制による抽選の格差をつけるかどうかという話に。
 
 そんな話合いの最中、現PTA副会長が私の隣にやってきて「えりちゃん、どうでしょうって話が出てるんですが・・・」(うわーっ!またかー!!去年も推薦されたけど、ごめんなさいだったのよ〜)「学校には、図書館ボランティアで貢献していますので・・・私以上に図書館のことをやってくれる人がいれば別ですけど。」(学校図書館へのご奉仕には自信があります!)と、お断りしました。お手伝いすることが嫌なわけではないのです。役員になってしまっては、図書館整備する時間がなくなってしまうのです〜。ごめんなさい!

 そしてついに抽選に!
一人を決める為に、5人の名前をくじ引きします。
くじを引くのは、校長先生。
PTA会長が名前を呼び上げる。一人目、二人目、三人四人五人。セ〜〜フ!!私の名前は呼ばれませんでした。(ホッ)
でも、5人の中には仲の良い人が含まれていたのでちょっと複雑でした。その後、その5人の中で更に抽選の結果、一人に決まったそうです。
 
月曜日には、高学年が控えています。。。


posted by えりちゃん at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。