2008年09月29日

たまごのあかちゃん

9/17(水)児童センター

 いつもは、主に、リズムダンスのクラスの子達が、終わってから聞きにきてくれていたのですが、今日は、そのリズムダンスがお休みということで、館内にいた子供たちを呼び集めて始まりました。

 初めは、小さい子向けに・・・。

たまごのあかちゃん



 たまごの中から、ひよこやかめやへび等が出てくる繰り返しの絵本。

おんぶおばけ





 松谷みよ子さんのあかちゃんのむかしむかしシリーズ。

うさぎのダンス



 うさぎと一緒にダンスがしたくて、一生懸命うさぎに化ける練習をするたぬきのおはなし。うさぎに化ける為に嫌いなにんじんをいろんな料理で食べる努力家。努力の甲斐あって一緒にダンスを踊るのですが・・・。
 ちょっとしたしかけ絵本風ですが、聞きなれていない子供たちで、7〜8分かかる本だった為、ざわついてしまいました。

ほしがいっぽい



 「ほら ほら みつけた ほし ひとつ また ひとつ きれいだな」 いろいろな星が登場する情緒あふれる絵本。おやすみ前にも最適。(アマゾン商品説明より)

 子どもたちが、疲れてきたので、ここで手遊びを入れました。
『ひげじいさん』&『ひげじいさん こわれちゃったバージョン』

おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん



 「ねぇ、おじいちゃんのおとうさんはどんなひと?」子どもの興味は果てしなく・・・・。
 小学校でも人気の絵本。


posted by えりちゃん at 17:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うそつきのつき

9/11(木)朝読み 5年生

 二学期最初の読み聞かせ。週末は十五夜ということで・・・。

うそつきのつき



 「このおじさんは、わらいません。かめ(亀)が、かめ(瓶)をか(噛)めないでいても」などのだじゃれの絵本。

 また、週末には、祭りがあるのでこんな本を紹介して置いてきました。

えんにち
 


えんにち
 絵:五十嵐豊子 出版社:福音館書店


 私が紹介したのはこの2冊。

で、相方さんが読んだ本が思い出せないふらふら
メモしてないんですバッド(下向き矢印)
この日は、読み終わって、ダッシュで仕事に向かい、そのまま記憶の彼方へ忘れ去られた模様・・・。
申し訳ない・・・。
posted by えりちゃん at 16:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちにのさんぽ

9/1(月)あんしんセンター

 今日は、いつもより人数が多くて、ちょっとキンチョーしてしまいましたがく〜(落胆した顔)
ゼロ歳児が3人と三歳くらいの子が4人、あと二歳前後の子が2人でした。

 まず始めに。

いちにのさんぽ



 以前にも、ここで読んだことがある本。
「いちに いちに いちにのさんぽ さんぽあるいて こんにちは」
リズムよく読めて、絵もカワイイ!お気に入りの一冊です。

いたいのいたいのとんでけ
 


 おかあさんに「いたいのいたいのとんでけ!」をしてもらった小犬くんが、「いたいの」を探しに行って、「いたいの」じゃなくて「おともだち」をみつけたおはなし。

おばけがぞろぞろ



 もう夏も終わりなんですけどね、八月は都合により出来なかったので、「おばけ」を。おばけがお友達の家を一軒一軒「あーそーびーまーしょ」と言って誘いに行き、最後は人間の男の子の家に誘いに行くおはなし。

ひまわり



 すまいるでも読んだ「どんどこどんどこ」ひまわりが成長する絵本。最後は、種が出来てぽろぽろと落ちていく絵です。

 全体への読み聞かせはここまで。赤ちゃんたちのためにおまけで1冊。

いないいないばああそび



 保育園にも常備のしかけ絵本。
posted by えりちゃん at 15:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あんしんセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。