2008年09月29日

いちにのさんぽ

9/1(月)あんしんセンター

 今日は、いつもより人数が多くて、ちょっとキンチョーしてしまいましたがく〜(落胆した顔)
ゼロ歳児が3人と三歳くらいの子が4人、あと二歳前後の子が2人でした。

 まず始めに。

いちにのさんぽ



 以前にも、ここで読んだことがある本。
「いちに いちに いちにのさんぽ さんぽあるいて こんにちは」
リズムよく読めて、絵もカワイイ!お気に入りの一冊です。

いたいのいたいのとんでけ
 


 おかあさんに「いたいのいたいのとんでけ!」をしてもらった小犬くんが、「いたいの」を探しに行って、「いたいの」じゃなくて「おともだち」をみつけたおはなし。

おばけがぞろぞろ



 もう夏も終わりなんですけどね、八月は都合により出来なかったので、「おばけ」を。おばけがお友達の家を一軒一軒「あーそーびーまーしょ」と言って誘いに行き、最後は人間の男の子の家に誘いに行くおはなし。

ひまわり



 すまいるでも読んだ「どんどこどんどこ」ひまわりが成長する絵本。最後は、種が出来てぽろぽろと落ちていく絵です。

 全体への読み聞かせはここまで。赤ちゃんたちのためにおまけで1冊。

いないいないばああそび



 保育園にも常備のしかけ絵本。


posted by えりちゃん at 15:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あんしんセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。