2008年05月15日

きんぎょがにげた

5月12日 あんしんセンターで読み聞かせ
一歳半の男の子がひとり、ママと一緒でした。
車が大好き!というその子にきんぎょがにげたを読もうとしたら「・・ま!」と言って指差す先に・・・
なるほど『きんぎょがにげた』の表紙に車の絵がありました。
 私が読む前にどんどんページをめくり、ようやく車があるページを発見 ! また元気良く「・・ま!」と言って指差してました。



 今日のお客さんは、少々手ごわいな・・と思いながら二冊目を。
再び登場のしかけ絵本
いないいないばああそび



 その後は、フラっとひろばにあった、はたらくくるまの写真図鑑のような本を見ていました。

 お母さん曰く「車の本ばっかりなんですよね、いつごろからお話が聞けるようになるんでしょうね?」
 私「個人差はありますけど、二歳を過ぎて、二歳半くらいからでしょうかね? でも、お話が聞けないからダメってことじゃないですからね。」

 他にも何冊か持って行ってましたが、その中で、お母さんが気に入ってくれた本。

いちにのさんぽ



 
いちに いちに いちにのさんぽ
 さんぽ あるいて こんにちは

リズミカルでかわいい絵本。

雨の日にはこちら

あめぽったん


 
あめ あめ ぽったん   
 あめ ぽったん
 はっぱの うえに 
 あめ ぽったん

こちらもリズミカルに 雨の日が楽しくなる絵本。


posted by えりちゃん at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あんしんセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。